日々の事をつづるロンちゃんのブログです。

NAVI design office
ナビデザイン

0572-57-2494

share

お問い合わせ

sp メニュー

ロンちゃんブログ

ロンちゃんブログ

ロンちゃんブログ

2018/09/10

東美濃ナンバーについて考える

こんにちは。土岐市の1級建築士事務所『ナビデザイン』です。当社がある土岐市はもう少し広域では東濃と言われています。当社HPにも【東濃クリエイション】という言葉を使っていますが地元ではなじみ深い言葉ではあるけど、県内の方ですらご存じないかもしれません。そこへもってきて今度は東美濃ってなあに?と思っていましたが、先日孫の合唱のイベントを観に行ったら、なんとその趣旨がこれでした。

遠い昔の美濃の国からつながっていた東美濃の国が明治政府により、美の字が無くなって東濃になったそうです。そして今、またこの名前が出され始めたのは、東濃7市町村がこのままでは絶滅都市になってしまうから、スイミー(絵本)のように、みんなで力を合わせ、この地域を守るための一石が東美濃ナンバーであり、そのシンボルとして、多治見から世界に飛び出した合唱団が選ばれたようです。多治見市長はじめ、土岐、瑞浪、恵那、中津川、可児、御嵩の代表者のかたの挨拶を聞きながら、なんとなく響きだけで「えっなんで?」「ヒガシミノ?」と感じていた自分が恥ずかしくなりました。どなたかが「これは皆さんのためではありません。ここで歌っている子供さん、そのお孫さんのためのことです」といってみえましたが、孫の時代、東濃は住みよい街になっているでしょうか?そうしていかねばなりませんね。当社も建築という部門で応援できたらと思います。

ナンバーだけでなく、秋にはシンセサイザーの喜多郎のコンサートもあるそうですよ。彼は今後もボランティアとして、この活動に参加してくださるそうです。もちろん、合唱団も応援しますので、秋の定期演奏会(10・21)やクリスマスコンサート(12・23)に皆さんもお出かけください。なんか勝手に広報みたいな文になりましたが、よく考えて一票を入れましょう!

  

現在放映中の「半分青い」の主人公の住所も、この意図をNHKに説明して東美濃市梟町ふくろう商店街になったそうです。

 

CONTACT

空間創造のプロフェッショナル集団
有限会社 ナビデザイン

0572-57-2494

メールでのお問い合わせはこちら

このページのTOPへ

お電話でのご予約 0572-57-2494

メール

メールでのお問い合わせはこちら

上に戻る